35年患ったアトピーが消えた『本当に役立った情報』まとめ。アトピー・アレルギー体質改善法。

ATOPRO!

親のアトピー 子供のアトピー

研究論文ストレージ

親の免疫疾患遺伝による子孫のアトピー発症 (ヨーロッパ皮膚科学アカデミー, 2019/2/18発表)

更新日:

デンマーク・コペンハーゲン大学(ヨーロッパ皮膚科学アカデミー)によって、アトピー性皮膚炎に対する症例対象研究が2019年2月に発表されました。

1996年〜2011年の間に生まれ、アトピーと診断された5歳未満の子供とその両親を対象とした、8,000人という大規模な規模のデータベース研究です。

翻訳文は直訳に近い状態を目指しつつ、手直しを加えています。

なお原文のリンクは【PubMed】にて無料でご覧いただけます。
(原文)Association between parental autoimmune disease and atopic dermatitis in their offspring: a matched case-control study.

【PubMedとは】生命科学や医学に関する参考文献や要約を掲載する無料検索エンジン。 PubMedのデータベースは、アメリカ国立衛生研究所のアメリカ国立医学図書館によって運用されています。

 

研究背景

(原文)BACKGROUND:
Atopic dermatitis (AD) is associated with many autoimmune diseases, in part due to overlapping genetic risk loci. While parental atopic disease is an important risk for AD in the offspring, little is known on the putative associations between parental autoimmune disease and AD in their children.

(訳文)背景:
アトピー性皮膚炎(AD=Atopic Dermatitis、以下「AD(アトピー)」)は、多くの免疫疾患と関連しており、遺伝的リスクが重複することもその一部の要因である。
両親のアトピー性皮膚疾患は子孫にとってアトピー(AD)発症の重要なリスクである中、親の免疫疾患と子供のアトピー(AD)の間の関連の推定はほとんど知られていない。

 

対象と方法

(原文)MATERIALS AND METHODS:

All children born between 1996 and 2011 who received a diagnosis of AD in the hospital system before their fifth birthday were matched 1 : 10 with children from the general population. Maternal and paternal autoimmune diseases were assessed using registry-based data. Conditional logistic regression was performed on the relationships between parental autoimmune diseases and AD in their children.

(訳文)材料と方法:

1996年から2011年の間に生まれ病院システムにおいてアトピー(AD)と診断された5歳の誕生日を迎える前のすべての小児は、小児の一般人口に対し1:10でマッチした。母親と父親の免疫疾患は、登録型のデータを使用して評価されたものである。

条件付きロジスティック回帰は、親の免疫疾患と子供のアトピー(AD)との関係にそって実施された。
(条件付きロジスティック回帰とは: ある現象の原因と発生頻度を用いて、その現象が発生する確率を割り出す方法。原因の影響と発生確率の関係性を知る目的で用いられる。)

 

結果

(原文)RESULTS:

A total of 8589 children with AD were matched with controls. One or more autoimmune disease was identified in 5.89% (506/8589) of mothers to AD children and 3.67% (315/8589) of fathers to AD children compared to 4.85% (4163/85 890) and 3.28% (2816/85 890) in parents of control children. Maternal autoimmune disease but not paternal autoimmune disease was associated with AD in the offspring (odds ratio [OR] 1.20 [95% confidence interval (CI) 1.20-1.32] and OR 1.08 [0.96-1.22], respectively), Two or more maternal autoimmune diseases, maternal dermatologic autoimmune disease and maternal digestive autoimmune disease were all also associated with AD development in her children (1.96 [95% CI 1.36-2.84], OR 1.60 [95% CI 1.24-2.07] and OR 1.24 [95% CI 1.06-1.45], respectively).

(訳文)結果:

アトピー(AD)を持つ合計8589人の小児がコントロール(一般小児)群とマッチした。
コントロール群の両親は、母親が4.85% (4163/85 890)、父親が3.28% (2816/85 890)の割合で1つまたは複数の免疫疾患が確認されたのに対し、アトピー児に対する両親では母親5.89%(506/8589)および父親3.67%(315/8589)であった。

父親の免疫疾患ではなく母親の免疫疾患が子孫のアトピー(AD)と関連していた(オッズ比[OR] 1.20 [95%信頼区間(CI)1.20-1.32]、OR 1.08 [0.96-1.22])、2つもしくはそれ以上の母親の免疫疾患、皮膚科的な免疫疾患、母親の消化器系の免疫疾患もすべてがさらに子供のアトピー(AD)形成と関連していた。

 

結論

(原文)CONCLUSIONS:

The risk of AD is influenced by many factors including atopy status and filaggrin gene mutations. In this matched case-control study, maternal autoimmune disease was associated with AD diagnosis in the offspring. Maternal dermatologic and digestive autoimmune diseases were most closely associated with subsequent AD diagnosis in the offspring.

(訳文)結論:

アトピー(AD)のリスクはアトピーのステータスおよびフィラグリン遺伝子変異を含む多くの要因によって影響を受ける。
この症例対照研究では、母親の自己免疫疾患が子孫のアトピー(AD)診断と関連した。
母親の皮膚科的、消化器的な自己免疫疾患は子孫のアトピー(AD)0診断において最も密接に関連していた。

 

論文(原文)はこちら

原文のリンクは【PubMed】にて無料でご覧いただけます。
(原文)Association between parental autoimmune disease and atopic dermatitis in their offspring: a matched case-control study.

【PubMedとは】生命科学や医学に関する参考文献や要約を掲載する無料検索エンジン。 PubMedのデータベースは、アメリカ国立衛生研究所のアメリカ国立医学図書館によって運用されています。

 

-研究論文ストレージ
-

Copyright© ATOPRO! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.