宮入菌

宮入菌はアトピー向けのビオチン療法に本当に適しているのか?

更新日:

民間療法のビオチン療法では「ミヤリサン」という宮入菌(酪酸菌の一種)を配合したサプリメントを摂取することが推奨されていますが、ミヤリサンは本当にアトピーのためのビオチン療法にとってベストな選択なのでしょうか?

ビオチン療法、とくにアトピー改善を目的として「ミヤリサン」を選ぶ意味、他の乳酸菌ではダメなのか、どんな場合にミヤリサンが適しているかなどをまとめておきます。
.

宮入菌はビオチンを生成しない

宮入菌は正式には「Clostridium butyricum(クロストリジカム・ボチリカム)」という酪酸菌の一種で、ビオチンをエサとすることはないためビオチン療法にオススメされています。

ですが、宮入菌はビオチンを生成もしないと言われています。

ビオチンをエサとしないところまでは良いのですが、ビオチンを生成しないのでは、果たして宮入菌はビオチン療法に適していると言えるのでしょうか?

ビオチンをエサとせず、ビオチンを生成してくれる乳酸菌は他にもあります。

L.アシドフィルス菌、L.ラクティスなどはビオチンを生成することが研究によって明らかになっています。
さらにL.アシドフィルス菌には、種類によっては免疫細胞のバランスを整えるなど「アレルギー」に関連するような機能をもつ株もあります。

それにも関わらず、ビオチンを生成しない宮入菌ばかりが取り上げられています。

ビオチンを作り出さない宮入菌がどうしてビオチン療法に推奨されているのか、疑問に感じませんか?

これはあくまで私の推測ですが、これを機にぜひ考えてみてください。
.

ミヤリサンなら安心・・・の理由?

まず、宮入菌は医療現場で広く活用されているので、私たち患者にとって安心です。

熱や胃酸に強く、抗生物質でも死なずに力強く増殖し、整腸作用をもたらしてくれる菌です。宮入菌単体で摂取しても、他の乳酸菌の増加も認められるスゴい菌なのです。

宮入菌は医療現場で大人気

皮膚科や内科では一般的に、抗生物質を処方するときにミヤリサンやラックビーなどのプロバイオティクスが処方されます。

ミヤリサンやラックビーに含まれる菌は抗生物質では死なない菌(耐性菌)のため、腸内で効果的に働き、抗生物質の副作用(下痢や便秘)をおだやかにするからです。

また、あなたはこれまで、食中毒のような症状になってしまって小児科や内科などで「お腹の風邪」と診断されたことはありませんか?
この時に、ミヤリサン(小児にはミヤBM顆粒)やラックビーが処方されたことはないでしょうか。この2つは下痢症状には本当によく効いてくれますので、患者としては名前を忘れることもないでしょう。

ミヤリサンは患者である私たちにとっても馴染みの深い菌なのです。

乳児から飲んできたものだから「あぁ、ミヤBMなら大丈夫」という安心感があるのではないでしょうか。
.

医学的な証明が全て・・・は本当だけど

ミヤリサンの整腸作用は医学的に証明されているものです。一般診療で広く用いられています。これは市販の「新ビオフェルミンS」などでも似たような状況ですよね。

私も、もし子供が胃腸炎などになって回復期に飲ませるなら、より広く使われて長年安全に使われてきたミヤリサンやビオフェルミンを選びます。
いち母親として、より安全、より確かな効果を子供に与えてあげたいからですね。

けれど、それでもどうにもなっていないので困っているのです。

現状打破できる「何か新しいもの」が必要なのです。

皮膚科・内科の模倣では効果がなかったのです。

だからアトピーがこじれているんですよね。

.

新しい方法は「全く証明されていないもの」である必要はありません。

何か少しでも効果が証明されているものがあるなら、それに賭けてみればいいです。

だから民間療法のビオチン療法を選ぶんですよね。

.

民間療法「ビオチン療法」において乳酸菌を摂る目的は2つ

民間療法のビオチン療法では、乳酸菌サプリメント(プロバイオティクス)に求めることは2つあります。

「整腸作用」「過剰免疫を抑えること」です。

しかし、前述のとおり、ミヤリサンは「過剰免疫を抑える」という働きは特に証明されていません。
(悪玉菌の増殖を抑え、他のビタミンを生成するので、巡り巡って間接的には働くかもしれませんが「コレ!」という直接的な関与は確認されていない)

だから、ミヤリサンはビオチン療法には適していないのではないかと私は思っています。

私が飲んだ個人的な感想としても、ミヤリサンには整腸作用すら効果を感じませんでした。宮入菌は整腸作用が強いと評判ですが、これも人によるようです。ご参考まで。

ただし最後に言っておくと、ミヤリサンがアトピーに効果を発揮するケースもあるはずです。
そのことについてご説明しておきます。

.

ミヤリサンがアトピーに効果を発揮するケース

ミヤリサンは医療現場のお墨付きがありますし、小さな頃からミヤリサンを飲んできた方は、すでに腸内に「素地」があるため、少量でも腸内で効果を感じることができるかもしれません。

また、アトピーの悪化因子を思い出して見ると、効きそうなケースはあります。

アトピーの悪化因子は「アレルギー体質」「炎症体質」の2つがカギとなっていると言われていますが、このどちらか1つだけでもアトピーがこじれてしまうケースがあるようです。

端的に言うと、どちらか1つが原因だった場合、それだけを解消すればアトピーがスルスルと治ることもあるようなのです。

ミヤリサンが効いてくれそうなケースといえば、おそらくですが・・・

悪玉菌・炎症反応がひどくアトピーになっていた場合で、アレルギーがそれほど酷くないケースがそれにあたるかもしれません。

血液検査で「TARC値」が低いのにアトピーが続いているケース(つまり、免疫は正常ないのにアトピーが治らない)がそれにあたるかもしれません。あくまで憶測ですが。

この場合は、免疫細胞の抑制はそれほど必要ではないかもしれませんよね。

思い当たることがあるなら、試す価値はあります。

ミヤリサンが良いと思われるなら、それが今のあなたにとってベストな選択なはずです。ぜひ1ビン買って、試してみると良いと思います。

ただし、もし1ビン飲み切っても効果を感じなければ、他の乳酸菌サプリメントを探してみてください。

ミヤリサンは、ドラッグストアやネットでいつでもすぐ買うことができます。

まずは1ビン飲んでみましょう。

 .

ミヤリサンをアマゾンで見る

-宮入菌
-,

Copyright© ATOPRO! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.