ラムノーサス乳酸菌 LGG乳酸菌 アトピー

L.ラムノーサス

ラクトバチルス・ラムノーサス乳酸菌(L. Rhamnosus)|効果、研究報告例など

更新日:

「ラクトバチルス・ラムノーサス(ラムノサス)乳酸菌」という種類について。

この乳酸菌は乳幼児、妊婦にも安全で、整腸作用があるということは有名ですね。また、小児の整腸作用にも推奨され、アトピー予防や改善にも役立つことが複数の研究によって報告されています。

ここではラクトバチルス・ラムノーサスの主な働きや研究報告についてまとめていますので、お腹やお肌の健康が気になる方はぜひチェックしてみてください。

.

ラクトバチルス・ラムノーサス(Lactobacillus Rhamnosus)

この種類は当初はL.カゼイの仲間だとされ、その後異種であることが分かり、ラムノーサスとなりました。

このラムノーサス属は主に女性の膣内に多く存在することがわかっており、食品ではヨーグルトなどの乳製品に用いられています。

.

L.ラムノーサスの種類(株)

L.ラムノーサス属には多くの種類(株と呼ばれています)があります。

その中でも代表的な株が「LGG」という株で、日本でも広く知られつつあります。

ラクトバチルス・ラムノーサス GG(LGG乳酸菌)

正式な株名は「 Lactobacillus Rhamnosus GG 」です。

「LGG乳酸菌」という名前はタカナシ乳業のヨーグルトにも配合されているので、見聞きしたことのある方は多いのではないでしょうか。

健康なヒトの腸から発見された、ラムノーサス属の中で一番有名な種類です。ドイツ人とアメリカ人の共同研究によって発見されました。

当初はラクトバチルス・アシドフィルスの仲間だと考えられて「 L.アシドフィルスGG」と名付けられましたが、その後、別の種であることが分かり、現在では「L.ラムノーサスGG」(LGG)と呼ばれています。

LGG乳酸菌の特徴

健康なヒトの腸から発見された、ラムノーサス属の中で一番有名な種類です。ドイツ人とアメリカ人の共同研究によって発見されました。

当初はラクトバチルス・アシドフィルスの仲間だと考えられて「 L.アシドフィルスGG」と名付けられましたが、その後、別の種であることが分かり、現在では「L.ラムノーサスGG」(LGG)と呼ばれています。

(http://lgglab.jp/lgghistory/)

タカナシ乳業によると、LGG乳酸菌はとくに胃酸や胆汁酸に強く、腸までしっかり届くのがこの菌株の特徴です。

菌の姿を見ると毛がボーボーに生えており(線毛)、毛のおかげで腸細胞にがっしりとくっつけるという特徴があります。
(線毛を取り除くと腸細胞へくっつけなることも確認されているのだとかで、少しかわいそうなのですが。)

これが「腸内で長くとどまり、活動する」ことの理由であると見られています。

LGG乳酸菌はアトピーの予防効果下痢予防インフルエンザ・風邪予防など多様な研究成果が世界中で発表されており、なんと40もの国でLGG乳酸菌を配合した商品が販売されています。

.

L.ラムノーサスのリスク

ごく稀に、一部の免疫不全の方や乳児に「心内膜炎」が起こることがあります。乳酸菌全般的に言えることですが、乳酸菌は「微生物」であるため感染症の危険性が残ります。そのため免疫力の低い新生児、高齢者には禁忌となっています。

ただし、L.ラムノーサスは通常はヒトに有益な菌とされており、このリスクがあるのはごく一部の稀なケースとされています。

唯一、研究分野においてはLGG乳酸菌が新生児の下痢症状などに用いらており、その安全性が確立されつつあるようですが、医療現場で使われることはまだ先のようです。

..

L.ラムノーサスの研究報告

L.ラムノーサス乳酸菌に関する研究論文で目にする株名は「LGG」の一人勝ち状態となっており、他のラムノーサス属の情報はあまり目にしません。それだけLGGが研究分野から注目されているということなのでしょう。

けれど、LGG乳酸菌においてはいくつも研究例があり、ほとんどが下痢症状などの回復に役立ったという報告を上げています。

特に、腸機能になんらかの異常がある子供や、ロタウィルスに感染した子供の初期治療に用いられると、悪化を食い止めたり、回復スピードを早めることができたなどの結果が報告されています。

以下に代表的な研究を挙げておきます。

  • 乳幼児、妊婦にも安全で下痢症状を防ぐなどの整腸作用が報告されています。(1)
  • LGG乳酸菌はヨーロッパのガイドラインにおいて、アジア地区において小児の整腸作用に推奨されています。(2)
  • LGG乳酸菌がロタウウィルス感染症の予防、回復期のサポートに役立ったという報告が上がっています。(3)
  • LGG乳酸菌が子供のアトピー性皮膚炎の予防に役立ったという報告があります。(4)

(1 Lactobacillus supplementation for diarrhoea related to chemotherapy of colorectal cancer: a randomised study)
(2 Probiotics for gastrointestinal disorders: Proposed recommendations for children of the Asia-Pacific region)
(3 Lactobacillus GG Administered in Oral Rehydration Solution to Children with Acute Diarrhea: A Multicenter European Trial)
(4 Lactobacillus rhamnosus GG in the Primary Prevention of Eczema in Children: A Systematic Review and Meta-Analysis)..

今回はここまでです。次のページでは実際にL.ラムノーサス乳酸菌を摂取できるサプリメントをご紹介します。

日本ではまだL.ラムノーサス乳酸菌が用いられたものは少なく、アメリカ製のサプリメントが多くなりますが、逆にアメリカではL.ラムノーサスは多くのメーカーが率先して配合しているように見受けられます。

それでは、次のページで実際に各メーカーのサプリメントを比較してみましょう。

L.ラムノーサス乳酸菌が摂れるサプリメント

-L.ラムノーサス
-

Copyright© ATOPRO! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.