35年患ったアトピーが消えた『本当に役立った情報』まとめ。アトピー・アレルギー体質改善法。

ATOPRO!

はじめまして。ATOPRO 管理人です。

このサイトは「包括的なアトピー治療法」の情報を提供しています。

アトピーはただのアレルギーではありません。原因不明のアレルギーです。
ですから、悪化する原因は人によって異なるわけです。

しかし、ネットには今、誰が書いたかも分からない「断片的なアトピー治療法」が溢れています。医療従事者でもない個人が「治療法」というのも可笑しい、バクチのサクセスストーリーにも似た「攻略法」のようなものです。

巷に溢れる闘病ブログを見て共感するのもいいでしょう。私もアトピーが一番辛い時は励みになったし、共感しあえた事がとても救いになりました。

けれど、「断片的なアトピー治療法」に埋もれすぎると疲れます。「誰々は治った、私にはダメだった」と振り回されておしまいですよ。

そこで、私は アトピーを本当に完治させたいあなたに、本当に必要な情報を知っていただきたい。という思いから、このサイトを立ち上げました。

私がアトピーを自分で治せるようになったのは、これに気づいてからです。

あなたがもし本当にアトピーを治したいと思うなら、選ぶべき情報は

「アトピーを完治させた誰かが発信する、完全体の情報です。

完全体の情報を「完全にやり抜く」ことが大事です。

幼い頃からアトピーと付き合ってきた私がやっと手放す事ができたのは、1つの完全体の治療法を完全にやり抜いたからなんです。

ここで、私のアトピーとの付き合いを少しご紹介します。

生まれたときからアトピーで35年過ごしました

私は、生後すぐにアトピーになりました。生まれ持ったこの体質は変わることなく、35年、ずっと便秘でずっとアトピーでした。

アトピーは基本的に年齢や生活環境の変化によって出たり出なかったりでしたが、これまで4、5回ゾンビ級の重症度アトピーになっています。

便秘がものすごく酷くなって、それに引きずられるようにアトピーが悪化していくこともあれば、疲労が蓄積してアトピーになったこと、花粉症がある日爆発して、朝起きたら顔がパンパンに腫れていた、何も知らずに子犬を飼い始めたところ、数年後に突然アレルギーになった・・・そんな経験をしています。

これまで私が行ったアトピー治療法

最初は食事から変えました

私が最初改善を試みたのは、まず「便秘」でした。

便秘がひどくなると明らかにアトピーの状態も悪くなったので、

便秘を解消するために、食生活の改善に取り組みました

  • プルーン、ヤクルト、ヨーグルト、オリゴ糖、青汁、バナナ、はちみつ、アーモンドなどのナッツ。
  • とろろ、めかぶ、もずくなどの海藻類、さつまいも、玄米、ごぼう。
  • 黒豆茶、どくたみ茶、ハトムギ茶、ごぼう茶。

しかしこれが、全然効かないんです。

でも出さないとアトピーが悪化するため、下剤を飲むように。

もちろん下剤を飲む間もできることはすべてしました。1袋4,000円のオリゴ糖を買い、おやつははちみつ入りヨーグルトとナッツ。お茶はごぼう茶。ご飯は玄米や発芽玄米にとろろをかけて。

極端でもなんでもなく、便秘解消のために生きてました。

しかしこれが、やっぱり全然効かないんです。下剤を飲まないとぜんぜん出ないので、下剤に頼り切るようになりました。

サプリメントとの出会い

私がサプリメント療法を始めたのは、今から約3年前です。

日本のサプリメントの情報はいまいち不鮮明な気がしたし、詳しいサイトは原文がすべて英語でした。理由は簡単で、医療研究論文はすべて英語で発表されるからでした。

私は英語がある程度は読めるので、「より一次情報に近いものを・・・」と調べているうちに、あるアメリカのドクターの運営する健康情報のウェブサイトを見つけました。

私はそこではじめて、乳酸菌が悪玉菌を抑制するメカニズム、そして免疫力を強くする働きについて知り、また、個人に不足している栄養素を補い不調を改善するという「サプリメント療法」の魅力に取り憑かれました。

サプリメントの良し悪しを体感してきました

サプリメント療法を知って、今は3年ほどになりますが、日本国内外のサプリメントを飲みました。

「Aのサプリにはこの菌がある、Bにはない」というサプリ自体の仕様の違いや、「C社は高品質だけど、D社は製造工程が不透明」などサプリメーカーの違いもわかるようになりました。

でも、どんなに納得して飲み始めたものでも、やっぱり合うものと合わないものがありました。

いくら高用量のサプリであっても、体質によって、また同じ人間であっても体内の状況によって効果のあるなしがハッキリと別れてしまうんです。

これはつまり、

アトピーは断片的な改善策では治らない。

ということを意味しています。

アトピー改善に本当に必要だったこと

アトピーの改善法を始める時、「○○という食べ物がいいから、沢山食べてみる」とか「△△という保湿剤がいいから、これだけ塗る」など、極端な努力をしたことは誰しもあると思います。

しかし、この「曖昧な情報」「曖昧な努力」・・・これこそが、あなたのアトピーをこじらせる原因だったかもしれない・・・と考えたことはないでしょうか。

脱ステロイドや脱保湿をしても、治らない時は治りません。

けれど、逆に、ステロイドやプロトピックをベトベト塗りたくっていても、治るときは治る

どうしてか?

すべては「自己免疫」が関係しています。

アトピーがこじれているのは、自己免疫がこじれているからです。

では、どうすれば、こじれた自己免疫を直すことができるのか?

それがまさに「人それぞれ」であり、その「人それぞれ」を乗り越えるために、誰か一人がまとめている「完全体の治療法」を徹底的に取り組んでいくことが必要になります。

誰かのメソッドを信じて続けていった方だけが、はじめて「自分に最適なアトピー治療法」を見つけることができるのだと思います。

もちろん、数ヶ月続けても効果を感じないのならさっさと見切りをつけて次のメソッドに移る勇気も必要ですが、その頃には、きっとあなたは、以前よりもっと主体性を持ってアトピー治療のための生活改善に取り組むことができるようになっているはずです。

このサイトの情報をフル活用してください

このサイトには、あなたが「自分に最適なアトピー治療法」に出会うための情報を更新していく予定です。

このサイトから情報を得て、その中から「あなたに合った情報」を選んでください。

とにかく実践していくこと。

最新のアトピー治療法やニュースは、一次情報で有益だと思われるものだけを更新していきます。断片情報は個人的に好きではないのでそこそこにしておこうとは思いますが、このサイトを訪れてくださった方には様々なアレルギー研究について触れてみていただきたいと考えています。

また、逆に少し古い情報でも、関連性が深いと判断したら随時ご紹介していく予定です。

役立ったページはブックマークに登録し、何度でも読み返すことをオススメします。

管理人の現在

今はアトピーが消えました。

30余年悩んできましたが、「自分史上 最高に快調な日々」を送っています。

また、10年くらい前から悩まされていた「カンジダ症 (*)」のトラブルからも解放されました。
(*「カンジダ」=カビ菌の一種。真菌。最近の研究で解明されてきましたが、アトピーを始めとするアレルギーとカンジダ菌は切っても切れない関係にあると言われています。)

半年に1度くらいは、季節によっては 体力低下時に少しだけ、不調に傾く時があります。

ですが、私はもう「自分に最適な体調の立て直し方」を知っているので、人生がとてもラクなんです。

あなたにも、はやくラクな人生を手に入れていただきたいです。

このサイトで伝えたいこと

私が取り組んだ方法だけが正解ではありません。押し付ける気もありません。私のケースなんてあくまで何億人といる地球の人のうちの1人のケースです。

でも、あなたにも見つけてほしいと心から思っています。

ぜったいに、あなただけの最適なアトピー治療法が見つかるはずです。

当サイトの免責事項

当サイトに掲載している情報

当サイトの管理人は、医師ではありません。35年間便秘に悩んで、季節が変わるごとにアトピーが出て、ステロイドを塗ってきて、それが不要になった1人の人間です。

このサイトの内容は、個人の体験談から「アトピー治療に役立つ情報」をご紹介するものです。

サイトにてご紹介する研究報告例や、最新の健康情報などについては医療従事者の監修が確認できたものだけを参考にしていますが、情報の整合性、治療法の確実性を約束するものではありません。

アレルギーの研究論文については、訳出と要約のみに留めております。各ページをご確認くださいますようお願いいたします。

当サイトに掲載しているサプリメント

サプリメントは、日本においてはまだ「食品」という域を出ません。サプリメントは健康増進や疾病治療・改善を目的とするものではありません。

日本国内製造のサプリメントについては、飲み方を指示することはありませんが、メーカーの推奨する飲み方があれば、それを記載することがあります。
またメーカーの推奨に「倍量」などという記載がある場合は、その通り「倍量」と記載することがありますが、これは通常量を指定するものではありません。

あくまで目安となりますのでお間違いのないようにしてください。

アメリカ製のサプリメントにおいては、「FDA」の認可を受けたものではあるけれど、ボトルに書かれている説明はFDAが発表したものではない場合が多く、実際にそのようにラベルに表示されているものが多いです。各製品の説明を購入前にチェックすることが一番確実です。

けれど、アメリカのサプリメントは「食品」と「医薬品」の中間に位置するとが認められており、すべてのサプリメントは認可機関からチェックを受けたものです。

そのため、「日本のものと比べると、より確実性が高い」と考えることはできそうです。また、栄養素によっては用法・用量・飲み方が決められています。

色々と書きましたが、このサイトは「個人の体験談と、治療法の共有」を主旨としたものです。この点を十分ご理解いただいた上、あなたのアトピーケアにぜひお役立ていただけたら嬉しいです。

このサイトに来て下さった皆様のために、よりよい情報を集めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(2019年1月 ATOPRO管理人)

Copyright© ATOPRO! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.